HKT48 4/8 明治座 「指原莉乃座長公演」 初日 行ってきました^0^ 

 

 

 

こんばんは!

 

あおです^0^

 

今日は、HKT48 明治座 「指原莉乃座長公演」に行ってきました。
会場は、人形町駅から歩いて5分くらいでした。

明治座 10

 

会場の入り口には、歌舞伎らしいデザインの出演メンバーの名前が書いてあるのぼり旗がありました。
実はこののぼり旗がなんと・・・・ファンの方の企画でプレゼントされたものなんです!!!
のぼり旗以外にも、会場内に飾られていたフラスタ花・ちょうちんもファン企画のプレゼントだそうです^^
明治座 2 明治座 6

(左:のぼり旗 右:フラスタ花)

明治座 9 明治座 7

(上:ちょうちん)

 

 

そして、気なっている方もいらっしゃると思いますが
入場者に配られる粗品が手ぬぐいでした!!
歌舞伎では一般的に手ぬぐいが配られることが多いようで、それに合わせて出演メンバーの名前が書いてある手ぬぐいが配られたのかもしれないですね^^
座長公演を見た記念にもなるので良いアイデアですね!!

明治座 4

 

また、会場内には指原神社というのもあり、神社の中にはさっしーの人形が立っていました(笑)
皆さん、記念撮影する為に神社の前で並んでました!
自分も記念に並んで撮ってきました^^

明治座 01

 

 

ここからは、舞台を見ての感想などを書こうと思います!
まだ見ていない方が多いと思いますので内容がネタばれにならないようにします(笑)

 

開演前に前座でワークショップというもの行い歌舞伎を見る前のルールなどを歌舞伎に出てる演者さんが教えてくれたりしました!
歌舞伎では、観客が演出の際に掛ける声のこと大向う(おおむこう)というそうです。
歌舞伎でお馴染みの「バタバタバタ、パタパタ、バッタリ、パタリ」という音で芝居を分りやすく、そして面白く演出する附け打ち(つけうち)の音に合わせて掛け声をするそうで、実際に練習をしてから歌舞伎を見るという形でした^^

掛け声にも、色々と種類があるようで一般的に知られているのだと「おお、待ってました!」などがあります。
「大向こう」についてちょっと調べたのですが、実は男性が掛けるのが一般的で女性が声を掛けてはいけないそうなんです(笑) 歌舞伎には色々とマナーやルールがあって深いなと感じました。

 

舞台についての感想

演出では会場全体を使っていてどの席からでも比較的に楽しめるようになっていたと思います。
他にも演出に合わせた楽曲や衣装を関連させて披露したり、1部が舞台で2部がライブになっているのもちゃんと話が繋がっていて見ていて凄く面白かったです^^

ちょっとしたセリフで思わず笑いが起きたりと歌舞伎を知らない方でも楽しめるようになっていました!
メンバーが場面によって声の出し方を変えたり表情を変えたりしてるのが普段見れないので見所だと思います。

ライブもいつものライブとは違い明治座ならではのステージ構成で楽しめました^^

 

4/8から始まり千秋楽の4/23までにメンバーがどのように成長し変わっていくのかも楽しみですね!
千秋楽も見に行くので初日とはどう違うのか比較して見てみようかなと思ってます。

 

オフショット

舞台を見終わった後に、パンフレットを買ったので載せたいと思います^^

明治座 5

 

 

それではこの辺で

 

あお^0^

 

 

 

 

 

コメントを残す

*

1
サブコンテンツ

サイト内検索

プロフィール

管理人のさく&あおです。


2011年10月HKT48お披露目から応援開始。
さくは宮脇咲良ちゃん推し。
あおは本村碧唯ちゃん推し。
現在も定期的にイベントや握手会に参加しています。

詳しいプロフィールはこちら
お問合せはこちらから

カテゴリー

アーカイブ

ブログランキングに参加しています!いつも応援のクリックありがとうございます!!

このページの先頭へ